« February 2006 | Main | April 2006 »

March 24, 2006

ハイファイセット

”赤い鳥”というグループがあった。「竹田の子守唄」や「翼をください」
などの曲が有名です。翼を・・・は、その後スポーツ関係のテーマ曲に
使われていたから知っている人は多いと思う。オリジナルは「赤い鳥」だ。
女性二人、男性3人の5人のグループだったが、音楽性の違いから
「紙ふうせん」と「ハイファイセット」に分裂してしまう。
POPな感じのハイファイセットに1時期ハマッテいた。結構荒井(松任谷)
由美の曲をカバーしていて、”コーラス版のユーミン”などと言われてた
こともある。このグループのLPも結構買っていた。
メンバーの中の山本潤子が最近ソロで活動しているらしい。
(蚕)さんの”蚕の桑”
でも書かれているように、以前と変わりない澄んだきれいな声の
ようだ。


| | Comments (14) | TrackBack (0)

March 22, 2006

2足大根

またまた2足大根が採れました。前回のようにリアルなものでは
ありませんが、ちょっとユニーク。今回はしっかりと写真を!!

右側の小さいものは、丸ごと大根おろしに!!ちりめんじゃこと
混ぜてご飯のお供に!!美味しく、またジアスターゼの効果で消化も
良いようです。ようやく丸大根が終り今月中に残りの長大根の消化にも
さきが見えてきた・・・・・・・

| | Comments (8) | TrackBack (0)

真空管アンプ

リンクを貼らせて頂いているMansaQさんのドーナッツ・ア・ゴーゴーで
真空管アンプのことを書いてから、頭から離れない。その時はKT66と
書いたのですが、今回さる蒸留所で見てみるとKT88だった。
そしてプリアンプに12AX7を使っているから良い音なはず・・
アンプの価格は12万円だけど、KT88のリペア品が8千円・!!
ちょっと安すぎないか・・・KT88は1本2万円以上した筈・・・・



と、よく見てみるとロシア製の真空管だった。今ではロシアや中国で
真空管を作っているようです・・・(^^;; 
ヒーターのフィラメントは大丈夫なんだろうか・・・・
リペア管の価格まで載っているというのが
ちょっとというか、かなり不安であります・・・・・

三菱電機エンジニアリング 真空管オーディオアンプシステム

| | Comments (2) | TrackBack (0)

裁判員制度


2009年5月から施行されるこの制度。海外では
行われており、法務省や日弁連の
ホームページでもPRされている。
が、実際一般の人達がどれくらい
この制度を知っているか、認識しているだろう。
私自身も知り合いから下記↓のような演劇の案内を

duty-負うべきこと-
貰うまでは、ほとんど意識していなかった。
法務省のHPなどでは”安心して・・・・”とあるが、義務
とは言え一人の人間を裁くなんてことを自分に出来るのだろうか・・
まずは4月9日この公演を見てみようと思う。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 14, 2006

またまた大根・・・・・・


大根を早く採らないと・・・・・・ちょっとアセアセ (→o←)ゞ
状態です。先週採ってきた蕪は”巣”が入っていて、
NGでした。大根も・・・・と心配しながら、先日丸大根を
引いてきました。まだ結構残っているから小さいのは
捨てて(ちょっと勿体無いかも・・・・)中振りなのを7-8個
ほど。それでも結構な量になります。皮をむいて下茹でを
して、あとは風呂吹き、おでん・・・・などなど適当に・・・
多分半分くらいはいつもの居酒屋行きかも・・・・常連の
おばちゃんとかに。
あとは大根の葉で結構いいものが出来るんだけど、
量が多いと持て余します・・・・・・。( ̄- ̄)
とりあえず今回のものは茹でて冷凍に。

長大根がまだ残ってるので、来週も大根、ダイコン、だいこんでしょうか。
MansaQさんのお好きな大根おろしもたっぷりと頂けそうです。ジアスターゼを
たっぷり摂って消化と胸焼けにいいかも!!

大根の後は夏野菜に向けての、草引き、肥料入れそして耕運機入れ・・・
ちょっと気が遠くなりそう・・・・(>o<)ハァァ ッ!!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 13, 2006

シンガーズ・アンリミテッド

4人のコーラスグループで、多重録音を駆使して絶妙なハーモニーを
聴かせてくれる。このグループの最大の魅力はア・カペラ。
コーラスだけを重ねて録音してすごいコーラスになっている。


1stアルバムはズバリ”ア・カペラ”というタイトルです。
”Both Side Now””Once Upon a Summer Time”などなど
スタンダードナンバーをSingers Unlimitedならではの
アレンジで仕上がっている。
Both Side Now


気に入ったものに出会うと、次々と集めに掛かる悪い癖。これは今も
変わっていないか・・・・・”ア・カペラ2”””””etc.と買い集めた。
中でもオスカーピーターソン・トリオとのセッションアルバムは必聴物。
オスカピーターソンのピアノに少しも引けを取らないコーラスが素晴らしい。
紅一点ボニーハーマンの力強いメインボーカルに魅了された。1曲めは
あの”セサミストリート”のテーマ曲です。
セサミストリート

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 06, 2006

いまは大根が・・・・・

昨年の7~8月にきゅうりとなすのことを書いてますが、今は大根です。
9月末に種を蒔いてあまり手入れをしないが、雑草に埋もれながらも大根は
育ちます。種まきが遅かったので、今頃取ってきても食べられます。
ただ、途中の手入れ(雑草取り、間引きetc.)が雑だったのでみんな小振り
です。長大根、丸大根、蕪と植えましたが、大根は小振りながら結構とれます。
なじみの居酒屋へ何回か持って行って、店のママさんとか常連のおばちゃん
達で分けてます。近くに住んでいる同僚んちへもおすそ分けを!!

今回は耕し方が悪かったのか肥料が上手く混ざってなかったのか、変わった
形の大根が結構出来ました。(10本くらい)中には見事!!なほどに
2本足にそっくりなのが出来た。写真に撮っておけばよかったのですが先の
居酒屋へ持って行ったら、その日はみんなで見て楽しんでいたのですが、
さっさとママが料理してしまいました。やはり畑へ行く時はカメラは必需品
なのでしょう!!

個人の趣味??でやっていますから、完全無農薬の野菜です。先日無農薬の
大根が店先に並んでましたが、なんと小振りなのが1本250円もしていた。
期間限定の八百屋でもやるかなぁ・・・・・ひょっとしてMansaQさんお薦めの
KT66のアンプが買えるかも知れない・・・・・(笑)

| | Comments (6) | TrackBack (1)

March 02, 2006

かぐや姫 神田川


あなたは・・・もう・・忘れたかしら・・・・

で、始まるこの曲がかぐや姫にのめり込むきっかけだった。
深夜放送(いまもこんな言い方をするんだろうか?)を聞きながら
一応勉強をしていた時、ラジオから流れたこの曲にくぎ付けに
なった。後で知ったのだが、この時同じように思った人が多くいた
ようだ。放送局に(多分TBS)問い合わせの電話が殺到したそうだ。
この曲の作詞をした喜多条忠氏が変な小細工したと疑われて局の人間
から(プロデューサー?)蹴られたという思い出話を以前TVでしていた。
いつの時代も業界の人間といっても、本当に良さが判る人間は少ない
ということだろうか。

この曲を聴いたあと、すぐに”さあど”を買いに行った。そして
次の”三階建ての詩””フォーエバー”へ。かぐや姫が解散して
正やんと大久保が組んだ”風”の”時は流れて””海風"など・・・
そしてこうせつがソロで出したのと、この頃はかぐや姫オンリー
だった気がする。その後暫くフォークから離れていて、(多分JAZZと
Classicに走っていたと思う)何年か後に”かぐや姫・今日”という
アルバムを手にした。一曲めの”遥かなる想い”を聴いて"かぐや姫が
帰ってきた”と実感した。そして2曲目の”わかれ道”正やんの
ボーカルとギターのソロにくぎ付けになった。結局この曲はコピーし
切れなった。

最近のカラオケはほとんどが通信になっていて、曲数が膨大になって
いる。かつてレーザーや8トラック(こんなのを知っているのは相当
古いか・・・)の時には絶対無かった曲も歌えることが出来ます。
”今日はかぐや姫特集で・・・”何てことも出来るようになって
たまに(けっしてしょっちゅうではありません)スナックへ行っては
マイクを握っている・・・・・
以前は22才の別れやなごり雪が有っても、置手紙、アビーロードの街
なんてのはまず歌えませんでしたから・・・・

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Flash Clock

Flash Clock

アナログの時計を上げて見ました。





| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 01, 2006

FLASH Welcome





ようやくTOPでも表示できるようになりました!!

ブログのファイル管理(ディレクトリ管理→ちょっと古い表現(^^;;)が判りましたので・・・

| | Comments (51) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »