« May 2012 | Main | December 2015 »

September 21, 2012

SLAX導入防備録


SlaxをHDDにインストールしました。以前も簡単にできた記憶があったが、
今回インストールしようとすると、かなり戸惑った。
前回は512MBのマイクロSDにいれたけど、今回は下記のページを参考に
させてもらいました。

SLAXは立ち上がりに少し時間がかかるけど、立ち上がったら、RAM内で動作させるので
結構速いです。手持ちのDynabookSSではTinycore(最新版4.5)がうまく動かないので
しばらくは、軽量版はSlaxでやろうと思います。

参考にさせてもらったHP
Bioinformaticsのお勉強

<---

GUIでHDDをマウントしている上体で・・・
#mount ハードディスクを調べる。
#fdisk /dev/hda1   パーティションの設定
command (m for help) d
command (m for help) n
command (m for help) p
partition number (1-4) : 1
First cylinder Enter
Last cylinder Enter

partition number (1-4)  w

# mke2fs -j /dev/hda1
# mount -t ext3 /dev/hda1 /mnt/hda1

# cd /mnt/hda1/boot
# ./liloinst.sh

あとはEnterキーを2回押して終了です。

HDDにインストールしたslaxをブートすると、はじめはKDEが起動されず、かなり焦りますが・・・

slax login : root
passwd : toor
でログインして、
# startxでKDEを起動して、GUI環境に移行することができます。

ちなみに、PCを消すときは、
まず、GUIにて「ログアウト」→「現在のセッションを終了」で
テキストにモードにもどり
# poweroff

で終了することができます。

ちなみにrootユーザー以外にユーザーを作成するためには、
# useradd user名
パスワードの設定は
# passwd user名 
でできます♪

root@slax:~# mke2fs -j /dev/hda1
※作成したパーティションをフォーマットします。

root@slax:~# mount -t ext3 /dev/hda1 /mnt/hda1
※マウントします。因みにKonquerorからマウントしてもいいです。

root@slax:~# cp -rp /mnt/hdc/boot /mnt/hda1
※CDからHDDに必要なファイルをコピーします。因みにKonquerorでコピーしてもいいです。
root@slax:~# cp -rp /mnt/hdc/slax /mnt/hda1

root@slax:~# cd /mnt/hda1/boot ※ディレクトリを移動します。
root@slax:~# ./liloinst.sh   ※ブートローダをインストールします。
Press any Key To continue, or Ctrl+C to abort... ※実行確認です。何かキーを押します。
Read the infomation above and then press any key to exit...
※終了確認です。何かキーを押します。

但し、初期設定ではX-Window(KDE)は自動起動されず、rootでログイン後、startxで
X-Window(KDE)を起動する必要があります。
slax login: root
Password: toor
root@slax:~# startx

--->

| | Comments (40) | TrackBack (0)

« May 2012 | Main | December 2015 »